コピー機との戦い。

やっと 年賀ハガキ終了しました。
お疲れ私。
24日までに出せば 3000円の図書券が抽選で当たる!!!
という郵便局の作戦にまんまと引っかかり 意地で 24日までにすべてを書き上げました。

毎日毎日 ハガキと対決。
今回はハガキの印刷にもてこずり コピー機の調子が悪く
急がないかんのにぃ~~~~ キィーーーーーとなりながら
格闘するも ゆうことをきかないコピー機
私はそそくさとあきらめ 旦那さんにバトンタッチ。

すると パソコンのある部屋から バンバンバンっと 大きな音が!!!

ま・まさか いまどき叩いて直るとでも?

すると いきなり ばーーーーーん っと大きな音が・・・・

いそいで隣の部屋に見に行くと 旦那さんが

上にあげて 落としてみた これぞ 吊り落としの刑たい!!! 

と・・・・。 深くかかわるのは やめよう っと思い いそいそとハガキ書きをしていると


バンバンバン バンバンバン バンバンバンバンバンバンバン。。。 バンバンバン


となにやら リズムにのって叩いている音がすると向こうの部屋から


三三七拍子よ~ 俺が応援してやったけん 調子がいいよ


と声が聞こえてくる。。   そんなアホな・・っと思ったけども ここは旦那さんに任せることに

すると しばらくして

こいつ応援せんと ダメやもん なんかこりゃぁ~~

と叫び声が。    がんばれ 旦那さん!!!と心の中でエールを送りつつハガキに集中。

すると 旦那さんのブツブツ言っている声が聞こえてくる


あ・なんか壊れた音がした 」・・・そりゃそうでしょうよ そんなに叩けばね


バンバンバン!!!よし! 生き返った ・・・生き返ったって あんた・・・

お前の最後の仕事たい!!! 」・・・励まし作戦ですか!?

おもいいきりつっこみたくなるのを我慢してハガキに集中。
すると となりの部屋から 旦那さんが ひょっこり顔を出して

俺の手にかかれば なんでも吐き出しよるもん・・・・・ハガキだけでしょうが!!!


あんまり大きい声でいいよるとあいつに聞こえるけん・・・・????

とだけ言い残して いそいそとコピー機のところに戻る旦那さん すると・・・

なんかぁ~~~ やりやがっとう(やってくれた)もーーーーん」 と叫ぶ声が


・・・・ここまで コピー機と楽しく対決する人はめずらしいと思いつつ
笑をこらえるの必死だった。 この時は ハガキを書くことに集中していたので
旦那さんの独り言にはつきあっていなかったのだけど
一人楽しく旦那さんは 過ごしていたよう。

その後も2時間ほど バンバンバンと 叩く音がしていました。
すべてのコピー終えて 戻ってきた旦那さんの顔は やりとげた顔で輝いていました。

そして、

俺がするとコピーの失敗がすくなかったばってん  こぶしが痛かぁ~
  
っと言っていました。。。

あんだけ叩けばね。 お疲れ様。 旦那さんと コピー機。
来年は 新しい コピー機がくることでしょう。

ちなみに私は ハガキを集中して書いたため 現在 ヤリ投げの選手のように
片手だけ シップでうめられています。

旦那さんと私のがんばりが 届きますように・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2005年12月25日 19:24
デュランタさんお疲れ様でした!!
ゆっくりクリスマス過ごしてらっしゃいますか???
だんなさんもデュランタさんも手をいたわりつつ、
楽しくお過ごしくださいね♪
あ~いい加減うちも年賀状のデザイン決めないと~!
2005年12月26日 00:12
1000枚もするとなると、すんごい気力がいりますよね~相変わらず楽しい旦那さん。我が家は地味~に夜中、パソコンとプリンターと私とで30枚程を何日もかけて・・・まだ仕上がっておりません。
うちの旦那はノータッチです。

デュランタさんと旦那さん・・そしてコピー機さんお疲れ様でした。
2005年12月26日 21:36
おきつみさんこんばんは。
ご無沙汰しておりました。
夫婦で手を負傷してしまいました(笑)
年賀状のデザインって考えますよね~~
うちのデザインは旦那さんいわく…幼稚園っぽいそうです。。
クリスマスは 今年も直前まで ぼけ~~っと過ごしてしまいした。
2005年12月26日 21:41
ポンポンさんこんばんは。
ハガキは最初のうちは調子こいて どんどん書いていたのですが
みるみるうちにペースが落ちてきて 最後の方には年賀状を見ると
うんざりしてしょうがありませんでした。
最初は うちの旦那さんもまったくといっていいほど手伝ってくれなかったのですが、 「そんなことを言うなら もう書かない!!!」っと言って脅し脅ししながら強引に手伝ってもらいました。

この記事へのトラックバック