皆さん 今まで父のこと心配してくださって ありがとうございました。

父が 亡くなりました。

お昼に連絡があり 旅先で亡くなったそうです。

くわしいことは まだわかりませんが 体調が急変したようで

今は 父の妹夫婦がそちらに向かっているようで

私も いまだ 理解できず

わけがわかりません。

連絡をうけてから Nさんと連絡がつかず

ただただ どうしていいのか わからず

こうやって 皆さんにお知らせすることで

現実を受け止めようとしています。

今でも 悪い冗談であって欲しいと思っていますし 夢だろうか。とも思います。

できるなら 父から電話があって欲しいと思い

嘘であって欲しいと思っています。

嘘なら いつものように 私は父に たくさん怒るでしょうが。。。

たくさん 怒りたかったです。

しばらく お休みさせていただきます。

皆さん 今まで 父のことそして 私のこと心配してくださって

本当にありがとうございました。

こういう結果に なってしまいましたが

最後にたくさん父と話すことができて 私は幸せだったと思っています。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年03月26日 13:25
デュランタさんに何て言えばいいのか言葉が浮かびません。
良い事も悪い事も含めてこれからは心の中で、もっと素直にお話できるようになれるのまも知れませんね。「忘れないこと、想う気持ち」が一番の供養だと聞いたことがあります。愛情を持ってこれからも想って叱ってあげていってほしいと、他人が言うことではありませんが思わずにいられません。ご無礼を申し上げ失礼致しました。
2006年03月26日 16:12
デュランタさん
突然のことで驚いております。お心の中、お察しいたします。
お嘆きは、つきないものがおありのことと思いますが、今はぜひもないことと、どうか、お気持ちをとりなおされますよう、心から念願いたします。
とり急ぎお悔やみ申しあげます。


2006年03月26日 23:22
?どうして・・・あまりに突然・・・。
デュランタさんの悩みが・・・こんな形で・・終止符をうつなんて・・・・。

言葉をかけるだけ、無意味な様に感じるので~何にも言えませんが。

必ず元気なデュランタさんを又見せて下さいね。
いつまでも待ってます。
2006年03月28日 14:41
すみません。なんと申し上げたらよいかわからずコメントしています。
気を落とされないでくださいね。デュランタさんの傍に優しい旦那様がいらっしゃるので安心はしています。また元気にブログでお会いできる日をお待ちしております。
2006年03月28日 17:11
えっ なんで・・・
コメントのしようが ありません。
落ち着いたら 元気に戻って来てね。
みんなと一緒に 待っているから。
2006年04月01日 16:38
付加的さんこんにちは。
ご心配をおかけしました。
お優しいコメントありがとうございました。
>忘れないこと、想う気持ち
本当にそうですね。 父に対する愛情をうまく表現することができなかったことがとても残念ですが これからは 忘れずに大切にしていきたいと思います。
2006年04月01日 16:44
sumicchiさんこんにちは。
お悔やみのことば ありがとうございました。
あまりの突然のことで ただただ呆然としていましたが
ようやく元気を取り戻すことができました。
いろいろとご心配してくださって本当にありがとうございました。
2006年04月01日 16:48
ポンポンさんこんにちは。
大変心配をかけてしまって すみません。。。
私もこのような形で父の悩みがなくなるとは思ってもみませんでした。
父が生きているときは 皆に迷惑かける父なんていなくなればいいのに!っと
思ったこともありましたが。。まさか 本当にいなくなるとは・・・
お優しいお言葉 本当にありがとうございました。
2006年04月01日 16:51
まみさんこんにちは。
父が生前、いろいろとしでかしたときに相談にのって下さって本当にありがとうございました。 まみさんをはじめ皆さんに支えられとても心強く
私も悩みながらも前に進もうとしていたときだったので。。本当に残念でした。 一ブログ人の私の悩みを真剣に聞いて下さって本当に救われました。
本当にありがとうございました。
2006年04月01日 16:53
ふふふ!さんこんばんは。
ご心配をおかけしました。
私も父の訃報を聞いたときは 意味がよくわからず 韓国へ行って帰ってきても まだよくわからない日々を過ごしていたのですが 周りの皆やブログの皆さんに支えられて 少しずつ受け入れていくことができました。
本当にありがとうございました。

この記事へのトラックバック