3月25日

3月25日。 この日、友達がランチに誘ってくれ お店も予約してくれていました。

私達がそのお店に着き 席に座ったところで
Nさんから電話がありました。 

普段なら 友達との食事会だし電話をとらないのだけど
後から電話する。って伝えようっと思って電話をとりました。

すると Nさんから 

「デュランタ 大変なのよ。 お父さんが韓国で亡くなったのよ・・・・」

と言われました。

・・・嘘でしょ・・・ 寒気と同時に 混乱しました。

どうして? なんで? なんのこと? なにがあったの?

わけがわからない状態でいるとNさんが

「お父さんお酒もよく飲んでたし、体調が急変したんじゃないかな。。。」

と話していたのを聞いて 事件でも自殺でもないことがわかりましたが

亡くなったことには変わりなくて。。。 

父の妹夫婦が 今 韓国に向かっていて あちらで火葬もすませるという話を聞いて

私も行かなくては・・・・っと思ったのですが

とにかく まだ現実が受け止められなくて。。

電話を切ったあと 私の異変に友達が気づき 心配してくれましたが

父の死を 聞かされた私は ただただ放心状態。

でも、友達が誘ってくれたランチだったので 帰るのも申し訳なくて 

とりあえず食事をすることに 父とのことを友達と話しながら 理解しながら

思い出話をしながら 泣きそうになりながらも 冷静に 家にたどり着くまでは

泣かない。。。って思いながら ・・・・・

食事の最後のデザートのプレートがきて 可愛いケーキにろうそくがついて

『HAPPY BIRTHDAY デュランタ』 って書いてありました。

28日が私の誕生日。 友達が私の誕生日をお祝いするためにしてくれたこと。

友達は 「ごめんね タイミングが悪くって。。。」

と言っていましたが。。 でも とても 救われました。

私一人で家にいたときに 父の死を知ったら どんなに つらかったか。

友達には申し訳なかったのですが  友達がそばにいてくれてよかったです。



食事後 まっすぐに家に帰りました。

旦那さんにも連絡して 旦那さんもただただ驚くばかりで。

家に着いて ブログを書いていると 涙がたくさんでてきました。

やっと 父が死んだっということを受け入れようとしていたのかもしれません。

それから、Nさんともなかなか連絡がつかず。 

父の死は嘘だったかも。。て思ってみたり。 思いたかったり。

しばらくしてNさんから電話があり 妹夫婦(私の叔母にあたる方)が

私と連絡をとりたがっていると言われました。

父が韓国で火葬されるので 最後に私が来れたらいいけど。。。って言ってくれていたらしく。

でも、私一人で行く勇気もなくて。 悩んでいました。

そんなとき 気になったことがあったのでNさんに聞いてみました。

私 「ねぇ 韓国に行く日の朝 お父さん私に電話しなかった?」

Nさん 「 してたと思う。 23日の晩にデュランタと電話して変なきり方したでしょう?
      だから 私が そんなことしてたら デュランタから見放されるよ!って言ったら
      朝早く お父さん電話してたみたい。」


・・・・・。やっぱり 父だった。 
24日の朝7時すぎごろ家の電話が鳴り、この時間にかけてくるのは 父しかいない!
と思ったのだけど 携帯にかかってこなかったし たいした用事でもないだろうって思って
韓国から帰ってきたら 電話してみようって思っていたから
あえて電話しなかった。

こんなことなら あの朝 電話をしとけばよかった。
でも、まさか こんなに早く 亡くなるとは思っていなかったし。。。

胸がつまる思いでした。
電話を切ったあと ただ ただ 呆然としてしまって

そしたら 旦那さんが帰ってきました。

旦那さんもいてもたってもいられなくなって仕事を切り上げて戻ってきたようで
帰ってくるなり

「韓国に行かなくていいの?」っと言われ

「一人で行く勇気がない。。。」っと言うと

「ついて行くよ」っと言ってくれ

それから急いで妹夫婦と連絡を取り 韓国の飛行機のチケットをとり

着の身着のままで 荷物をバタバタと詰め込み ジュニアを預けて

出発することに。

母に父の死を伝えるかどうか悩んで 叔母に相談したら、伝えた方がいいということで

電話をしました。 母は驚き、「早すぎたわね。。。。」っと言い

私達が韓国に行くことについて 「なによりの供養になるんじゃないの」っと言って

快く送り出してくれました。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック