3月28日

この日は 私の誕生日でした。

朝、6時過ぎにホテルをでて 空港へ。

少し時間があったので 搭乗手続きをしたあとに 朝食を食べようと思っていました。

私達の乗る空港会社のカウンターに行き チケットを見せると

別のカウンターに行ってくださいっと言われ そこで待っていました。

待っている間 ビジネスクラスの文字が入ってきて。。。

韓国を去るときに エコノミーで また旦那さんと別々に座ることのは いやだな。。。

それに泣いてしまうかもしれないから。。

なんて思い 旦那さんに

「ビジネスクラスに乗ってみたいな。。。」

って言ったら  お金が高いだろうし わがままを言うな~~っと言われました。

わがまま。。か・・・ なんて思いながら 順番がきたので 行くと

予約がない。。と言われ・・・・ 

そんなはずはない ちゃんと予約してもらった!っと言って

確認してもらったのですが どこにも予約されてない!っと言われ・・・

席はいっぱいでキャンセル待ちしかないと言われ。。。

別のカウンターでも2箇所ほど 見てもらったのに 予約されてないと言われ・・・


終わりよければすべてよしって言うのに・・・
なんだよ! 父さん! なんて 逆ギレしていました。

係りの方から ビジネスクラスなら 空いていると言われ。。
値段を聞いたら 一人4000円追加だったので
旦那さんの仕事もあるし しぶしぶ ビジネスで帰ることに。

ガイドさんのことも信用していたのにーーー!!!なんて 2人して切れてたのですが
父のことでたくさんお世話になったし 結果的には今日帰れるし
よかったと思うことにしました。

しかし、さんざんたらいまわしにされて 時間もなくなり バタバタと飛行機のところに行き
旦那さんが 出発前のタバコを吸っている間 
私はおみやげやさんにいたのですが 時間がなくキムチだけ買って
飛行機に乗り込みました。

すると 旦那さんから

「それがね 俺が タバコを吸っていたら あの係りの人がきて 
 予約がありました!って言ったんよ!!! 
 こちらのミスだからって ビジネス代返してもらったよ!!!
 しかも そのまま ビジネスで乗ってていいってさーーーーー」

と言われ。。 かなりビックリ

何度も 何度も確認してもらったのに・・・・・

すると 旦那さんが

「今日は デュランタの誕生日だから お父さんがプレゼントしてくれたのかもね」

っと言ってくれ 。。 本当に そうかもしれないって思えました。


飛行機が 韓国をたつとき 今までで一番 泣きました。

父も 元気に日本に帰りたかっただろうな。。って思え

今まで 我慢していた糸が ぷっつりと さけたような。

次から次へと 涙がとまらず スチュワデスさんもビックリ。

旦那さんが

「俺が泣かしたと思われるやん」

って言ってましたけど。  

ビジネスクラスはガラガラで 私達の周りには 誰もいなく

父との別れを静かに送ることができました。

最後の父の優しさだったのでは っと思っています。

エコノミーとは違った 食事や飲み物 そのなにもかもが

父からの贈り物のように思えました。



家に着くと  ここから韓国へ行き ここに戻ってきて

父とのことの すべてが終わったと思うと 一気に 疲れがでて

睡魔が襲ってきて 二人して 爆睡でした。

お昼過ぎごろ 叔母から連絡があり 父も無事 到着したとのこと

叔母から

「主人が 兄(父)の携帯を確認したらね 最後まで デユランタのところにかけてたみたいね
 やっぱり 兄は デユランタのことを頼りにしていたのね。
 他の娘のところには電話してなかったようだから
 一番 親子の縁が近かったのね。。って話をしていたのよ」

と言われました。

妹達はまだ若いし、父の悪事なども知らないだろうし

私はある意味 知りすぎていたので 父からしたら話やすかったのかもしれないな。。

なんて考えながら。。。

この日は とにかく 横になっていました。

そして、次の日 母と会って 父の供養ということで2人で食事をしました。

母の前では しっかりしていたかったので たんたんと話しをしていましたが

家に戻ると ただただ ぼーっとしてしまって

旦那さんも そんな私を心配してか できるだけそばにいてくれました。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック