その後

お通夜とお葬式が終わった今でも 疲れがとれず うだうだしています。

しかし、お通夜といい お葬式といい 嫁というのは 本当に疲れるな。。。

っと人事のようですが 本当に体験入学なみに いろいろ学ばせていただきました。

嫁になって初めての葬祭でしたので わからないことばかり。


亡くなったと電話があり 旦那さんとすぐにかけ付けたのですが、

かけつけたときから嫁の仕事は始まり・・・

かけつけた方へのお茶だしに お昼ごはんだし・・・

精進料理でないといけないようだったのですが

親戚の方から「なんでもいいから買ってきて!」の言葉をうのみにして

 お肉を出して親戚の方に苦笑いをされ(涙)  

だって。。家族の人へのご飯だと思ったし・・・

って 言い訳したいところですが 知らなかったといえば事実(恥)

落ち込んでいたところへ 旦那さんのお母さんがやってきて注意されるかと思いきや

お肉を見て

「あら~ おいしそう~~」っと 笑顔で言ってくれて・・・

救われました。。

あとで旦那さんにそのことを話したら 

「うちの母ちゃんうける~ でも、いいやんね 何食べても!
 文句のあるやつは 食わんどけばいいったい!!」

と言ってくれ。。。 ダメ嫁を反省しつつも 救われた気分でした。

しかし、エプロン一つ持っていくにしても 色は白じゃないとダメとか黒が無難とか

そこそこで違うようで・・・

とにかく気疲れしました。  お通夜では とにかく私にできることといえば

動くことだけしか なかったもので 動きましたが

その分 お葬式では 疲れがどっとでまして。。 

目がすわってくるし(かなりの危険人物だったと思います)

あくびをおさえるのに必死で。。。

お葬式が終わったあとも 火葬場に行き その後また 本家に戻り お手伝い・・・

お茶出しに 後片付け 大変だけど

亡くなった叔父の家族は 悲しみをいだきつつ 

お通夜とお葬式の準備をすすめていかなくてはいけなかったので

少しでも お役に立てたたら。。。っと思って働きました。

しかし、働きつつも 大変だな~ 疲れるな~などと 思っていましたが

旦那さんのお母さんも 乗り越えてこられたんだな。。。っと思うと

本当に 尊敬しました。

本家に戻ったのが4時で それから親戚の皆さんと食事をしていたのですが

親戚のおじちゃんも寝ていないこともあり 酔いが回るのが早く

私が サザエを食べていたのを見て

サザエを食べれ食べれと 進めてき・・・

サザエのさしみに つぼ焼きに。。。 強引に食べさせられたりし

私の顔を見ては 「サザエ食べんね?(食べなさい)」っと言ってこられ

旦那さんは 大笑いをしていましたが  


私は 心の中で  「そんなに食えるか!」 


っと 叫んでいました。


すべてが終わったのが 夜の9時過ぎ それから私が車を運転して

家にたどりついたのは10時過ぎ・・・・

帰りの車の中で旦那さんから

 「いろいろとありがとうね、お疲れだったね」っと言ってもらえただけで よかったです

これが 何も言ってくれなかったときにゃ~

帰りの道中は 急ブレーキしまくりでしたけど!!!

帰り際 私が 「しかし、田舎の方の葬式って本当に大変だね」っと言うと


旦那さんが堰を切ったように


「本当 俺も田舎の葬式 疲れるぅぅぅぅぅ」

っと ぐったりした顔で言ってました。

そして、その後に 「皆、疲れてるんだよ 葬式が疲れない人なんていないと思う」

っと言っていたのを聞いて

確かに! 嫁だけでなく みんな 疲れるもんだ!っと納得しました。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年06月16日 23:46
ひぇ~私にはできましぇ~ん(汗)
旦那の親族は、結構遠い縁の方でも集まりがハンパではなく・・・
旦那は行くと酔って親族ともめますし・・・
とにかく「来ない嫁」で通してます。

が、旦那に近い親族の場合、逃げるわけにも行かないので(長男の嫁ですし)
今回のデュランタさんの行動を頭に叩き込み、頑張ってみたいと思います。

お疲れ様でした。
2006年06月17日 00:16
ポンポンさんこんばんは~
ポンポンさんのご主人の方も親戚の方が多いのですね。。
うちも今回 会ったことのない人たちばかりで 紹介されて説明されても…
もう誰が誰だかさっぱりわからない状況でした。
逃げたい気持ちや山々でして(汗
叔母に泣きのメールも入れたりしていたのですが「経験してこい!」っと返信がきて。。。 経験するはこびとなりました。
お互い嫁立場なので がんばりましょうねぇぇぇぇぇ
2006年06月19日 11:05
おはようございます。
大変だったですね。一つ一つその土地の常識みたいなものもあるし、わからないことだらけですもんね。にげださなかったデュランタさんは偉い!
あたしも日曜日、あいつの両親が泊まりに来ていたので、接客してきました(汗)本当疲れました。嫁になるのは恐いですね。なれないかもしれないけど(笑)
2006年06月23日 16:28
あっちょんさんこんばんは~
そうなんですよね~ 同じ県でも土地柄というのか なんなのか
違いがあるので わからないことばかりで あくせくしておりました。
逃げ出したいのは山々だったのですが 一度はちゃんと経験んしておこう!
って思いまして。。。
あっちょんさんも彼のご両親の接客をされたのですね。 本当に気をつかうし、気が気でならないですよね。 あっちょんさんも逃げ出さず エライ!
う~ん あっちょんさんを嫁にしろぉ~~っと私の念力で 九州から彼に送っておきます!!!

この記事へのトラックバック